読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シバイヌ・エックス

音楽・歌・映画・柴犬・ゲーム。好きなことを好きなだけ。

腱鞘炎きたる、そしてフォーム修正へ

スタジオ日程が近いからと練習を無計画にやりすぎた。

左の手首と指、右の親指あたりがかなり痛い。
すでに反復練習で傷めてたんだけど、そこから曲とさらにフォームも直そうとやったら悪化した 笑

実はギターを始めて二回目。
スマホすら痛い。
ドラムの時と違う痛みでどこまでなら酷使しても平気か見定めができないのがつらい。

でも、おかげでフォーム修正まったなしだと気がついたし、良しとする。そしてしばらくは手を休めようと思う。

ちなみにフォーム修正の参考にした動画はこちら。



タイトルがまんまです。
見てみたら「そらそうだよね」とおもった。
わかりやすく語られてるのですごく参考になる。

自分はいままで左の手のひらをしっかり返して、ネックとほぼ水平にしてた。前から見ると手の甲がハッキリみえるくらいにしていた。
低音弦もよく弾けるしいいとおもってたんだけどこれは手首に負担がかかるらしい。さらに、手首が内側に向いてる状態は人差し指を筆頭に手の筋が伸び切る。それで指をよく使うとか、酷使しすぎなわけだ。

そこで、動画をもとにあまり曲げないように修正。あとは併せて背負い方とボディの角度を調整した。やってみたらすこし修正すれば弾けそうだったし、やはり手首がラクだ。

しばらくは休むけど、今後はこのフォームでやってみるつもり。